ドラッグストアで割引されている?エリクシールホワイトの価格を調査

残念ながら、エリクシールホワイトはドラッグストアでも割引されていません。割引対象外商品に指定されているため、どこの売り場でも安くなっていないのです。

化粧水・乳液・デーケアレボリューションの3点セットを揃えると合計12,636円…ちょっと高く感じますよね…

試してみたいだけならトライアルセットが便利。

ドラッグストアでは滅多に見かけないトライアルセットですが、実は公式サイトなら今でもトライアルセットを買うことができます。

エリクシールホワイトのトライアルセットは1,188円なので、本製品の10分の1の価格で試すことができますよ!

↓エリクシールホワイトのトライアルセット(公式サイト)はこちら
https://http://www.shiseido.co.jp/

トライアルセットではなく、エリクシールホワイトの本製品を安く書いたい場合は「本製品や詰め替え用を安く買いたい方へ…私が13%オフで買った方法」をご覧ください。

実はエリクシールシュペリエルのトライアルセットはドラッグストアで買える!なぜエリクシールホワイトはないの…?

実は「エリクシールシュペリエル」のトライアルセットならドラッグストアで買うことができます。ですが、エリクシールホワイトのトライアルセットはありませんでした。

エリクシールシュペリエルだけトライアルセットが売られている理由

エリクシールシュペリエルは2018年10月に化粧水と乳液がリニューアルしているのです。そのため、数量限定でドラッグストアでもトライアルセットが販売されています。

エリクシールホワイトがリニューアルされたのは2016年

エリクシールホワイトもリニューアルされた当初はドラッグストアでトライアルセットが販売されていました。しかし、今はトライアルセットを見かけませんので、おそらくリニューアル記念で在庫限りだったのでしょう。

もしかしたら置いてあるドラッグストアもあるかもしれませんが、2016年に販売された限定セットのはずなので、ちょっと品質は心配です…

楽天・Amazonでもトライアルセットは販売されていない

ドラッグストアで買えないなら通販で!

…と言いたいところなんですが、楽天、Amazonにもありませんでした。楽天には一応「トライアル」という記載はあったのですが、セットではなく単品販売。トライアルというよりかはミニサイズのようです。

価格は見ての通り…

・化粧水(クリアローションC)30ml
・・・810円+送料648円

・乳液(クリアエマルジョン)30ml
・・・1026円+送料648円

・洗顔料(クレンジングフォーム)35g
・・・756円+送料648円

送料がネックですよね。また、デーケアレボリューションのミニサイズはないようです。

トライアルセットが手に入るのは公式サイトだけ

公式サイトで買えるトライアルセットの内容量は

・化粧水 30ml
・乳液 18ml
・日中用乳液(デーケアレボリューション )5ml

上記3点セットで1,188円、送料無料です。

楽天で買うよりも公式サイトのトライアルセットのほうが断然お得ですね。

公式サイトのトライアルセットにはクレンジングフォームはついていませんが、公式サイトでもクレンジングフォーム(35g)は販売されています。756円なので、楽天で販売されているものと全く同じ価格。

しかも公式サイトの場合は「1品から送料無料」のため、756円以外にお金はかかりません!

本製品や詰め替え用を安く買いたい方へ…私が13%オフで買った方法

ワタシプラスで買うメリットはトライアルセットだけではありません。定期的に割引クーポンの配布があるのが最大の魅力。

割引クーポンを使うとめっちゃ安い。

割引がないドラッグストアはもちろん、楽天よりも安く買える可能性が高いのです。

バースデークーポンは1000円割引

バースデークーポンを使うと1000円分割引されます。

ただし「購入金額が5,400円(税込)以上」の場合になるため、エリクシールホワイトの化粧水1本だけだとちょっと足りないんですよね。

例えば

・シュペリエルのトライアルセット(1,080円)
・化粧水(4,320円)

を買った場合は合計で5,400円。

5,400円が1000円引きで4,400円になるので、約18%オフで買えることになるのです。

美活応援クーポンは800円割引と1000円割引

バースデークーポンじゃ年に1回しか使えませんから、あまりメリットに感じないかもしれませんが、もちろん他にもたくさん割引クーポンが配布されてます。

美活応援クーポンはそれぞれ、

・800円クーポンは「購入金額が5,400円(税込)以上」
・1000円クーポンは「購入金額が7,560円(税込)以上」

で使用可能でした。

・化粧水 詰め替え(3,780円)を2本

で合計7,560円になります。
1,000円割引されると約13%オフで買えることになりますね。

割引クーポンでリンクルクリームを買ったらさらにクーポンがついてきた

もちろん、クーポンはエリクシールホワイト以外にも使ってもOK。資生堂のワタシプラスで売っている商品ならなんでも使えます。

先日、800円割引クーポンを使って「エンリッチドリンクルクリーム」を買ったんですが、そしたらまた「リンクルクリーム専用の800円割引クーポン」がついてきました。

もしかしてずっと800円割引で買えるのかも…年間5本使うとしたら4,000円も浮くことになります(笑)

こうなってくるといよいよドラッグストアを使う理由がなくなってきますね。テスターやサンプルが欲しい時にはいいのですが。

エリクシールシュペリエルとエリクシールホワイトの違いとは

エリクシールシュペリエルとエリクシールホワイトがどう違うのかよく分からない、という方もいるかもしれませんが、大きく違うのは「有効成分」です。

エリクシールシュペリエルの有効成分

トラネキサム酸(ハリ・ツヤ)

エリクシールホワイトの有効成分

4MSK(美白)

有効成分でどっちを選ぶか決めても良いと思いますし、どちらもトライアルセットは1000円ちょっとなので、とりあえず両方試してみる、でも良いと思います。

私なら、

1.とりあえずエリクシールホワイトのトライアルセットを公式サイトで購入

2.何か割引クーポンをもらったら欲しい商品を選ぶ

3.買い物ついでにエリクシールシュペリエルのトライアルセットを購入

という流れで買うと思います。

割引クーポンは大体「5,400円以上の買い物」で使えるものがほとんどなので、1品買うだけだと5,400円を超えなくて使えない、なんてこともあります。そんな時に埋め合わせとして「トライアルセット」をついでに購入するかなーと思います。

実際はすでに両方ともトライアルセット買っちゃってるんで、あくまでも「今の私なら」ですけどね。

エリクシールホワイトの「さっぱり」「しっとり」の成分情報

化粧水

●クリアローションC I/さっぱり
有効成分:4-メトキシサリチル酸カリウム塩,グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分:イノシット,ヨクイニンエキス,トウキエキス(1),水溶性コラーゲン(F),オリーブ葉エキス,ヨモギエキス(2),精製水,ジプロピレングリコール,エタノール,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,濃グリセリン,1,3-ブチレングリコール,ポリエチレングリコール400,α-オレフィンオリゴマー,ポリオキシエチレンフィトステロール,イソステアリルアルコール,イソステアリン酸,ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル,エデト酸二ナトリウム,クエン酸ナトリウム,エリスリトール,セスキオレイン酸ソルビタン,カルボキシメチルセルロースナトリウム,クエン酸,2-O-エチル-L-アスコルビン酸,水酸化カリウム,ローズマリー油,リン酸L-アスコルビルマグネシウム,塩酸リジン,酵母エキス(3),L-アルギニン塩酸塩,フェノキシエタノール,香料

●クリアローションC II/しっとり
有効成分:4-メトキシサリチル酸カリウム塩,グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分:イノシット,ヨクイニンエキス,トウキエキス(1),水溶性コラーゲン(F),オリーブ葉エキス,ヨモギエキス(2),精製水,ジプロピレングリコール,濃グリセリン,エタノール,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,ポリエチレングリコール400,ジグリセリン,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル,カルボキシビニルポリマー,エデト酸二ナトリウム,水酸化カリウム,1,3-ブチレングリコール,エリスリトール,キサンタンガム,2-O-エチル-L-アスコルビン酸,ローズマリー油,リン酸L-アスコルビルマグネシウム,塩酸リジン,酵母エキス(3),L-アルギニン塩酸塩,フェノキシエタノール,香料

さっぱりもしっとりも有効成分は「4-メトキシサリチル酸カリウム塩」と「グリチルリチン酸ジカリウム」です。4-メトキシサリチル酸カリウム塩=「4MSK」ですね。

4MSKは資生堂独自の成分で、シミやそばかすに特化しています。製品化まで13年をかけた成分で、現状では副作用の報告はなく安全性の高い成分といえます。

乳液

●クリアエマルジョンC I/さっぱり
有効成分:4-メトキシサリチル酸カリウム塩,グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分:イノシット,ヨクイニンエキス,トウキエキス(1),水溶性コラーゲン(F),オリーブ葉エキス,ヨモギエキス(2),精製水,ジプロピレングリコール,エタノール,濃グリセリン,メチルポリシロキサン,トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,ベヘニルアルコール,サクシノグルカン,ステアリルアルコール,ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル,N-ステアロイル-N-メチルタウリンナトリウム,エデト酸二ナトリウム,クエン酸ナトリウム,1,3-ブチレングリコール,キサンタンガム,N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル),クエン酸,水酸化カリウム,ピロ亜硫酸ナトリウム,ローズマリー油,リン酸L-アスコルビルマグネシウム,塩酸リジン,酵母エキス(3),L-アルギニン塩酸塩,フェノキシエタノール,香料

●クリアエマルジョンC II/しっとり
有効成分:4-メトキシサリチル酸カリウム塩,グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分:イノシット,ヨクイニンエキス,トウキエキス(1),水溶性コラーゲン(F),オリーブ葉エキス,ヨモギエキス(2),精製水,1,3-ブチレングリコール,濃グリセリン,ジプロピレングリコール,流動パラフィン,テトラ2-エチルヘキサン酸ペンタエリトリット,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,メチルポリシロキサン,ベヘニルアルコール,ジピバリン酸トリプロピレングリコール,硬化油,ポリエチレンワックス,親油型モノステアリン酸グリセリル,N-ステアロイル-N-メチルタウリンナトリウム,マイクロクリスタリンワックス,ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル,エデト酸三ナトリウム,ポリビニルアルコール,クエン酸ナトリウム,カルボキシビニルポリマー,架橋型N,N-ジメチルアクリルアミド-2-アクリルアミド-2-メチルプロパンスルホン酸ナトリウム共重合体,キサンタンガム,水酸化カリウム,エタノール,カルナウバロウ,クエン酸,N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル),ピロ亜硫酸ナトリウム,ローズマリー油,リン酸L-アスコルビルマグネシウム,塩酸リジン,酵母エキス(3),L-アルギニン塩酸塩,フェノキシエタノール,香料

乳液も化粧水と同様で、有効成分は「4-メトキシサリチル酸カリウム塩」と「グリチルリチン酸ジカリウム」です。さっぱりとしっとりは、有効成分に違いはありませんので「好み」で決めましょう。

日中乳液(デーケアレボリューションC +)

有効成分:トラネキサム酸
その他の成分:イノシット,ヨクイニンエキス,ハマメリスエキス,水溶性コラーゲン(F),オリーブ葉エキス,ヨモギエキス(2),精製水,デカメチルシクロペンタシロキサン,パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル,1,3-ブチレングリコール,メチルポリシロキサン,エタノール,濃グリセリン,2,4-ビス-[{4-(2-エチルヘキシルオキシ)-2-ヒドロキシ}-フェニル]-6-(4-メトキシフェニル)-1,3,5-トリアジン,含水ケイ酸,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,ジプロピレングリコール,ポリプロピレングリコール,ヘキサメチレンジイソシアネート/トリメチロールヘキシルラクトン架橋ポリマー,イソステアリン酸,α-オレフィンオリゴマー,マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル,架橋型N,N-ジメチルアクリルアミド-2-アクリルアミド-2-メチルプロパンスルホン酸ナトリウム共重合体,セスキイソステアリン酸ソルビタン,サクシノグルカン,ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル,クエン酸,メタリン酸ナトリウム,2-O-エチル-L-アスコルビン酸,ジブチルヒドロキシトルエン,エデト酸二ナトリウム,無水ケイ酸,d-δ-トコフェロール,N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル),クエン酸ナトリウム,ローズマリー油,ピロ亜硫酸ナトリウム,アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム,塩酸リジン,トルメンチラエキス,酵母エキス(3),L-アルギニン塩酸塩,2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液,イザヨイバラエキス,フェノキシエタノール,香料,低温焼成酸化亜鉛,黄酸化鉄

デーケアレボリューションだけ有効成分は「トラネキサム酸」なんですね。さっぱりもしっとりも全く同じ商品です。美白でも注目される成分ですが、乾燥にも効果的とされていますので、日中用として活躍するでしょう。

ちなみにエリクシールシュペリエルのデーケアレボリューションは「デーケアレボリューションT +」です。その他の成分は違いはありますが、有効成分は「トラネキサム酸」なので、エリクシールホワイトと共通していますね。

エリクシールホワイトの使う順序について!リンクルクリームを使うタイミングもご紹介します。

朝に使う場合

洗顔 → 化粧水 → 日中用乳液

朝は化粧水のあと日中用乳液だけで良いのがポイント。日中用乳液は乳液・UVケア・化粧下地の3つの役割があります。

リンクルクリームを使う場合は

洗顔 → 化粧水 → リンクルクリーム → 日中用乳液

の順になります。リンクルクリームの有効成分はレチノールで、レチノールは紫外線に弱いため日焼け止めが必須。そのためこの順序になります。

日中用乳液は手のひらに1円玉大をとって顔全体になじませ、気になるところ(特にリンクルクリーム を塗った箇所)には重ね付けしましょう。

日中用乳液だけで不安な際は、さらに日焼け止めを使っても良いと思います。

夜に使う場合

クレンジング → 洗顔 → 化粧水 → 乳液

夜は日中用乳液を使う必要はありません。乳液だけでは保湿に不安があれば、スリーピングジェルパックなどクリームを追加すると良いでしょう。

リンクルクリームを使う場合は

クレンジング → 洗顔 → 化粧水 → 乳液 → リンクルクリーム

の順になります。リンクルクリームというと、美容液のように化粧水と乳液の間に使いたくなりますが、レチノールは油分に溶け込んでしまうため、乳液よりもあとに使うのがポイントです。

エイジングケアはまだ早い?エリクシールホワイトを使うべきか悩んでいる方へ

エリクシールホワイトはエイジングケア商品なので、20代の女性は使っても良いか悩んでいるかもしれませんね。

わたしも20代の頃、CMを見て「ドモホルンリンクル使ってみたいなー!」と思ってたタイプなので良く分かります(笑)

結論から言ってしまえば「使ってみたかったら使ってみる!」が正解かなと思います。エリクシールホワイトを一番使っている年齢層は30代・40代ですが、次に多いのが20代。もちろん50代女性も使っています。

20代後半から急激に愛用者が増えているのですが、やはり20代後半は「老化の始まり」を感じる女性が多いからではないでしょうか。

特に「年齢制限」があるわけではないですし、せっかくトライアルセットがありますから、気になるなら是非使ってみてくださいね。ワタシプラスは登録が早ければ早いほどお得ですから。