順番が大事!収れん化粧水を使う順番はいつ!?

最近では順番を気にせずに使用できるオールインワン化粧品も販売されていますが、多くの化粧品では使用する順番が決められています。

スタンダードな使い方をするものから、使用順番が変わっている商品もあるため、初めて購入した場合などは使用順番を把握しておくことが大事となります。

収れん化粧水は使用順番が大事なスキンケア商品なので、収れん化粧水を使っている方もこれから使おうと考えている方もここで順番をチェック!

収れん化粧水の使用順番を知っておこう

ポイント1:一般的(保湿メイン)の化粧水の順番
一般的な化粧水は、洗顔の後に化粧水を使用し、そのあと美容液や乳液クリームなどを塗って完了となることがほとんどですよね。

もちろんブランドによっては乳液が先になることもあったりしますので、その点は使用方法を随時チェックしてくださいね。

また一般的な化粧水は保湿や美白をメインとしているものが多く、いずれにしても肌をうるおいで満たす成分が配合されています。

使用感もさっぱりしているもの、しっとりしているものがありますが、肌がもちもちと潤うのは変わりなく作られているものがほとんどです。

洗顔の後にすぐに化粧水を使用して肌を潤いで満たし整える効果があるものが一般的な化粧水(保湿メイン)の使い方となります。

ポイント2:収れん化粧水の順番
一方で収れん化粧水は皮脂の分泌をコントロールしたり、毛穴や肌を引き締める効果を持っています。

毛穴の開きが気になる方や、オイリー肌でニキビが出来やすいという方、テカりが気になる、夏場はさっぱりしたものを使いたいという方に向いている化粧水です。

一般的な化粧水は肌の潤いをコントロールするのに対し、収れん化粧水は皮脂をコントロールするため使用感はさっぱりとし、スーッとした清涼感が配合されているものが多くあります。

そんな収れん化粧水の使用順番は、基本的には一番最後に使用していきます。

一般的な化粧水は洗顔の後すぐですが、収れん化粧水は引き締め効果を実感できるように洗顔、化粧水、乳液のあとに収れん化粧水を使用していきます。

これは収れん化粧水を一番最後に使用することで、化粧水や乳液で肌にあたえた成分をしっかりと閉じこめる効果に期待することができるためです。

一般的な保湿メインの化粧水は洗顔のあと、収れん化粧水は肌を引き締めるため乳液の後と覚えておきましょう。

また保湿メインと収れん化粧水をこのように併用する方法は一般的なので、肌の保湿と引き締めを別の化粧水で行うということを覚えておきましょう。

部分的に使う方法もある

肌全体を引き締めたいという方もいますが、頬だけ鼻だけなど部分的に肌を引き締めたいという方もいますよね。

その際は洗顔後に収れん化粧水を部分的に使用し、その後に一般的な化粧水(保湿メイン)を使用して乳液などをして完了となります。

洗顔後すぐにテカリが気になる部分や、引き締めたい場所にのみ収れん化粧水を塗布したら必ず保湿ケアも行いましょう。

洗顔後すぐに収れん化粧水を塗布する際はアルコールフリーのものを使用したりと肌への刺激を避けることや敏感肌の方は肌が荒れないように注意が必要です。

また収れん化粧水とあわせて持っておくと便利なものは、コットンです。

収れん化粧水はシャバシャバと水のようなものが多く、手で付けるというのがなかなか難しいものもあります。

コットンにとってから収れん化粧水を肌にパッティングすると、気になる部分にしっかりと浸透させることができますし、逆に乾燥が気になる部分は避けることもできるため、収れん化粧水を使用する際はコットンも用意しておくと良いでしょう。

収れん化粧水の使用順番は一般的な化粧水とは異なるため、正しい使い方をして効果を高めていくようにしましょう。

また使用する際は商品ごとに使用順番を必ず確認するようにしておくと良いですね。